ねっと事件簿
ネット事件に関するブログです。
この記事に対するコメント
この手の
 このテの書き込み(事件)は 最近「思っている事(やりたい事)をそのまま行動に出す」
人が増えていることもあり
インターネットが廃止されるまで時々発生するのでは と思えます。

【2008/09/10 13:14】 URL | NS #RV3TGl7I [ 編集]

弁護人の役割を誤解しないで
弁護人の主張について、まるで心底被告人に賛同し切っている共犯者のように扱っているのに異議があります。
弁護人は、飽くまで被告人の代弁者に過ぎません。被告人が「こうなんだ!」と言い張るのなら、弁護人は内心「いや、それは嘘だろ」と思っていても被告人の希望通りの弁護活動を展開する義務があります。
なぜなら、弁護人が自分の勝手な判断で弁護活動してよいというのなら、あなたも私も、無実の罪で起訴された場合、弁護人が勝手に有罪前提の弁護活動しかせず、そのまま有罪にされてしまう危険があるからです。
東京裁判の時、被告人たちには一人一人アメリカ軍法務将校が弁護人として付き、全員が完全に被告人の希望通りの主張を展開(被告人たちは、初め疑っていたことを心の底から恥じた)しましたが、全員正真正銘の米国市民それも軍籍しかも将校の職にある者にもかかわらず、誰一人国家反逆罪などに問われてはいません。何故なら、それは弁護人として当然の行動に過ぎないから。

私など、この小林なる被告人のふざけた主張をとことん不備なく法廷に開陳してくれたからこそ、裁判官が逐一「この点について被告人はこう言うが、裁判官は認められない。なぜなら」と具体的に明断することができたわけで、弁護人が職務を完遂してくれたおかげだと感謝したいぐらいなんですが。弁護人がひたすら恭順戦術に徹していれば、「2chの常識」に関する具体的判断など出てくるはずがなかったでしょう。日本の裁判は刑事も民事も当事者主義ですから、検察官も弁護人も特に触れない事項に裁判官がわざわざ言及することはない(してはいけない。越権になる)のですから。
【2008/03/10 01:56】 URL | ルクス #mQop/nM. [ 編集]


こんにちは!
ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!
【2008/01/14 16:55】 URL | スミサーズ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://netjikenbo.blog58.fc2.com/tb.php/107-11e7c2f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー



プロフィール

家では、ねっとにん。

Author:家では、ねっとにん。

↓私宛のメール
netjikenbo@gmail.com



Blogランキング参加中

1日1クリック也


blogランキング!


ネット掲示板「犯行予告」一覧



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Sponsored Link



Counter



ブログ記事検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ゾンビ打2

ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。